So Happy!

So Happy!は出産祝いの情報が満載!


出産祝いのお返しをする時に知っておいた方が良いこと

子供が産まれると、たくさんの人から出産祝いをもらう人も多いのではないでしょうか。
当然ですがお祝いを頂いたら、内祝いというかたちでお返しをしなければいけません。
内祝いの場合、頂いたお祝い金額の半額分をお返しとして返すのが一般的です。
しかし現金の場合はわかりやすいですが、洋服なども物の場合ははっきりした金額がわかりません。
そんな場合はインターネットなどでおおよその金額を調べて、その金額の半額を内祝いとして返すとよいです。
内祝いで人気なものは、お菓子などの食べ物や、タオルや洗剤などの他に、子供の名前や写真をプリントする名入れアイテムも、よく選ばれています。
内祝いを贈る時期ですが、お宮参りが終わる生後1カ月頃を目安に贈るのが一般的です。
しかし生後1カ月頃というとまだまだバタバタしている時期でもあるので、そのような人は通販サイトが便利です。
内祝いを扱っている通販サイトは数多くある為、品ぞろえも豊富なうえ、自宅で空いた時間で簡単に注文出来る為、忙しい人にはお勧めです。

初めて出産した方に。出産祝いのお返し基本マナー

赤ちゃんが誕生したことのお祝いに贈り物を送るのが出産祝いですが、その贈り物のお返しとして、出産祝いを受け取った人から、送ってくれた人へ、あらためて出産のご報告を兼ねて送る贈り物を内祝いといいます。
内祝いは、出産後およそ一ヶ月以内、遅くても二ヶ月以内には贈ることが一般的です。
それ以降にいただいた出産祝いへのお返しは、届き次第送ります。
一般的には、頂いた金品の三分の一から半額くらいを目安にお返しすることが多く、タオルやお菓子、お茶のセットなどを贈る人が多いようです。
お送りする際には、のしをつけ、表書きには子供の名前を入れます。
ご報告も兼ねているため、読むのが難しい名前にはふり仮名をつけると喜ばれるのではないでしょうか。
また、余裕があれば、一言言葉を添えたメッセージカードやお手紙なども同封するとよいでしょう。
出産後の生活は忙しくなると思われますので、出産前から、お祝いをいただきそうな親しい方の住所などをリストアップし、品物の候補を決めておくと便利です。

最終更新日:2016/6/10